toggle
2018-05-28

コズミックカクタス ART FRONT GALLERY2016年 黒澤浩美「風景の先に」

2016 / 紙にクレヨン、水彩絵の具 crayon and water colour on paper / 600 × 1500 × 20 mm

風景の先に

康(吉田)夏奈の作品を見ると、タレスに代表されるミレトス学派のことを思い出す。彼らが西洋において最初の哲学者とも称される のは、万物の事象について、それまでの神話的理解から実測や観察を元にした理論的考察を始めたからである。その頃は自然な状態、 つまり在るという状態を理解するために、一気に全体を見渡して総合的に捉えようとしていたわけだから、そもそもの範囲や意図が壮 大であった。そして現代においてさえも、人々は相変わらず世界の起源や宇宙の成り立ちに関わる存在について考えている。「どうある べきか」より、実際はどうなのかについての考察をする自然現象へのまなざしは今日においても途切れることはなく、康もその延長上に いるのではないかと思うのだ。

5年ほど前に東京で発表された作品は、紙にクレヨンで描かれた風景画で、高台から見渡したような眺望が目の前に開けるような ものだった。ドラマチックな地形にも関わらず、描かれたそれは冷静な観察と理解によるものと感じられ、今でも強く印象に残っている。 後から知ったことだが、康は自分で山に登り海に潜るという体験をして制作に臨んでいたとのことで、身体全体で捉えた自然の風景とい うものが大いに画面に反映されていたように思えた。その後の《Beautiful limit – 果てしなき混沌への冒険》は、どこか一点を見つめるよ りも全体を流れるように見渡すほうがしっくりとくる作品で、それもやはり康自身が動いて地形を読み取っていたがために、見る側にも 同じ速度で風景を理解するという、視覚以上の身体的体験をもたらしていたように思う。

これまで海であれ山であれ、目に見える地形の表面を観察して描いてきた康は、今日では、より高く天に向かいより深く地中に関心が 向いて見えないところまでを創造しようとしている。自然の観察は、最終的には形而上学の領域に踏み込んでいくことである。実際には 目の前にあるはずなのに、確かめようのない存在について考えることに等しく、自分を取り巻く事象や、ひいては自身の存在を問うこと だ。康は自己の身体的体験と一体化していたこれまでの風景を脱して、確かめようのないあらたな風景について考えている。作品という 断片化された風景の外にあり続ける、途切れのない世界を把握するために。

黒澤 浩美(金沢21世紀美術館 シニアキュレーター)

The World is Full of Light

Takuo Komatsuzaki ( Art Critic, Professor at Kanazawa College of Art )

Oscar Oiwa’s recent work uses shadows cast by strong light falling at oblique angles. Is this a new step for him? No previous work by Oiwa so consciously deployed light, rather, his depicted worlds have until now seemed to take for granted that light falls evenly across the picture plane, with viewers seeing normal conditions of illumination.

Light allows us to see objects and construct our visual world. Were there no light, we would have no access to the visible. When light is cast evenly, it certainly allows us to see, but it does not make objects stand out, some over others. The world looks homogeneous.

Conversely, when light falls at an oblique angle, objects cast long shadows and deep contrasts appear in black and white. This highlights some presences and reduces others. Some objects assert themselves within the ambiguous world, in their particular forms and masses. You might say it is by this technique that Oiwa clearly manifests his intentions.

A clearly manifest world? Is light not a kind of life and language? Words grasp the world’s structures, and Oiwa seeks to grasp that same world too. He does not just depict, but tries to grasp the world, in the same way that language – that expression of human reason – does.

Urban structures and mollusks reflect in water, or live at the bottom of a pool. Do they represent mysterious darknesses, suggestive of the anxieties of our world? Surrounded by uncertainty and absurdity, we feel barely alive in the corners of our cities. Light falling across the picture seems to wipe away such uncertainty.

Light running askew provides outlines that enable us to gain a sense of certainty, thanks to which the realities of existence are restored. Reason comes through words, and words are life and light. If you want to grasp the world clearly, view the art of Oscar Oiwa, and you may also wish to remember the last words of Goethe – ‘mehr Licht!’’

Others